死亡率が高い肺がんは早期発見が何よりも重要です

肺がん治療ナビ

肺がんの種類

肺がんは大きく分けて、小細胞肺がんと非小細胞肺がんの2種類があります。割合としては非小細胞肺がんが8割となっていて、小細胞肺がんが残りの2割となっています。非小細胞肺がんは小細胞肺がんではない肺がんを指しているため割合が多くなっています。

肺がんについて詳しく知るための関連記事

病室にいる人

肺がんの進行と治療

ステージごとの詳しい症状や、治療のためには具体的にどうしていけばいいのかといった詳しい情報をまとめています。

READ MORE

早期発見には胸部CT検査が効果的

胸部CT検査で肺に腫瘍があるかどうかを確認することができ、腫瘍がある場合には白くはっきりとした影があります。このCT検査により、腫瘍が悪性化どうかを判断することができます。

肺がんについて知る

病院

がんの中でも肺がんは最も死亡率が高い

近年患者が増加し続けている肺がんですが、この肺がんはがんの中でも最も死亡率が高いと言われています。男性のがんによる脂肪のうち、実に4分の1が肺がんによって死亡しているのです。そのため、早めの発見が重要となるのです。

肺がんの初期症状に注意しよう

肺がんの初期症状としてよく知られるのは慢性的な咳です。8週間以上咳が続いてしまう場合は、肺がんや他の病気の危険性を疑った方がいいでしょう。他にも、息切れや胸の痛み、倦怠感や食欲低下など様々な症状があります。

早期発見による治療で改善を目指す

早期発見して切除や抗がん剤の投与といった対処を行うことで、完治ができる可能性はあります。ただ抗がん剤の場合は副作用などもあるため、副作用を軽減するための薬などを併用しなければいけない場合もあります。