肺がんの進行と治療|【早期発見が重要】年々増加し続けている肺がんのリスク|肺がん治療ナビ

肺がんの症状はステージごとに切り分けられ最適な対処がとられます

肺がん治療ナビ

肺がんの進行と治療

病室にいる人

段階で分かれている肺がんの進行具合

肺がんは大きく分けて、0期からⅣ期までの進行度合いに分かれています。この進行度合いのことをステージといって、医師は診断の際にがん細胞の広がり方や、転移があるかどうかといった判断をして患者の病状がどのステージまで進んでいるかということを割り出していきます。その後、ステージに合わせた治療を行っていきます。

ステージの切り分け

0期ではがん細胞がまだ粘膜内に留まっていて、腫瘍になっていない状態です。進行がかなり浅いですが、その分この段階で気づくことは非常に難しいです。ステージⅠになると肺の中に腫瘍ができてきます。この際の腫瘍は3cm以下がⅠA、3~5cm以下がⅠBと診断されます。ⅠAまでは早期がんと診断されますが、ⅠB以降は進行がんとなります。ステージⅡでは転移したがんが3cm以下で肺の入り口でとどまっている状態がⅡA、同じくとどまっていてもがんの直径が3cm以上のものをⅡBとして判断します。ステージⅢになると大きさでの判断がなくなり、がんが出来た側の肺の周辺組織に広がっている状態をⅢA、反対側の周辺組織にまで広がってしまっている状態がⅢBとなります。そしてステージⅣになると、がんが肺から遠いところにある他の臓器などに転移してしまっている段階となります。これががんの各ステージの切り分けです。

ステージごとの治療方法

肺がんはステージごとに治療方法が異なります。ステージⅠからⅡの段階では、他部位に転移が見られる前に切除する方法が推奨されています。基本的にはがんのある肺葉やがんができている方の肺を切除しますが、再発防止のためにリンパ節ごと切除する場合などもあります。ステージⅢでも転移が確認できない際は切除することがありますが、手術ができない場合には抗がん剤による化学療法や放射能治療を行うこととなります。抗がん剤は副作用などもあって闘病生活が辛いといったイメージもありますが、最近では軽減することができる方法や鎮痛剤などの併用も日々研究されています。たとえ末期の状態でも全身状態が良好という場合であれば生存期間が伸びることも充分あります。

末期の肺がんは1年生存率で表される

よくがんの予後を示す数値として、「5年生存率」というものが示されます。これは初めて治療した段階から、5年後の時点で生存している確率を明らかにされたものです。非小細胞肺がんのステージⅠの段階では手術後の5年生存率が約70~80パーセントとされていますが、肺がんのステージⅣになると手術を行うことが難しく、1年生存率で表されることとなります。ちなみに抗がん剤による治療を行っているステージⅣの患者の1年生存率は約50%から60%といわれています。また、小細胞肺がんは全身転移が速く早期発見も更に難しくなっています。

こうやって気づいた肺がん

40代後半男性

止めようと思っても止めれないヘビースモーカーなので、定期的に胸部CT検査を受けていました。検査で小さい腫瘍が見つかり、それが肺がんだと確定してからはスッパリ喫煙も止めれるようになり、腫瘍も切除となりました。早期発見によって現在は転移も見られません。痛い目を見ないと分からない性格だなと自身で痛感しました。

40代後半男性

風邪が流行っていた時期から咳が続いていました。しかし、風邪が治ってもずっと咳だけが続いていました。1ヶ月以上咳が続いていたので流石におかしいとおもって病院にいったら、胸部CT検査を勧められて、肺がんということが発覚しました。

50代前半男性

風邪気味でもないのに咳が止まなくて、細い血の筋が混じった血痰が出てきました。何かの病気じゃないかと思って病院に行ったら、肺がんだと診断されました。現在は抗がん剤による闘病生活を続けています。

50代前半女性

元から喘息持ちのため、肺がんであることになかなか気づけずに発見が遅れてしまいました。気づいた時には既に転移が進んでしまっていて、どう治療していくかを医師と相談しています。

50代後半男性

胸になにか違和感を感じていたが、暫く無視して生活をしていたら痛みが酷くなったので、何かの病気かもしれないと思い病院に駆け込みました。既に進行してしまっているが、抗がん剤投与と放射線治療による抑制が効いています。闘病生活に負けず、孫の顔を見るまで生きる所存です。